住宅除染の実施率は12.2%

本調査は、各市町村における除染の実施状況を一体的に把握し、事業規模の把握、除染状況の可視化及び情報発信による住民理解の促進等に活用することを目的として平成24年4月から実施しており、住宅、公共施設、道路、水田等の除染対象区分ごとに調査時点における計画数、発注数、実施数の累計を各市町村からの情報に基づき集計したもの。

なお、計画数は、除染開始から平成25年度末までの累計数としており、今回から平成25年度分の計画数(約10万戸)が新たに加わっていることから、前回報告分(平成24年度末)に比べ発注率、実施率は、ともに減少している。graph_fukushima_by_year

住宅の除染

  •  計画数189,379戸に対して発注数が87,807戸(46.4%)、実績数が23,127戸(12.2%)となっている。
  •  実績数は着実に増加しているが、発注後の詳細モニタリングや除染に係る同意取得に時間を要する等により、実績数と発注数の乖離は依然として大きい。

公共施設等の除染

  •  計画数5,429施設に対して発注数が4,125施設(76.0%)、実績数が3,237施設(59.6%)となっており、比較的順調に進捗している。

道路の除染

  •  計画数4,501kmに対して発注数が1,763km(39.2%)、実績数が780km(17.3%)となっている。
  • ○道路の除染が住居除染の後になることや除染土壌等の仮置場の確保が難航していること等が遅れの要因になっているものと考えられる。

農地(水田+畑地+樹園地+牧草地)の除染

  •  計画数23,548haに対して発注数が20,368ha(86.5%)、実績数が17,796ha(75.6%)となっており、比較的順調に進捗している。

記事ソース:環境省


Comments are closed.